夏休み、上越新幹線、障害者雇用

by ootsukablog, 2014年7月29日

某社の障害者雇用のお手伝いで高崎へ。

東京駅。
家族連れが急に増えた。
東京駅はディズニーリゾートの巨大な袋を抱えた人たちも急増。
世の中夏休みですものね。

そう思って、乗った上越新幹線。
やっぱり混んでる。

おおつかの隣の席のマキシドレスのお姉さん。
赤ワインのハーフボトルをテーブルの上に置き、
おつまみをご用意の上、おいしそうにぐびぐびやっていらっしゃった。

いいなあ。夏休みなのね~。
こちらは玄米茶。(あたりまえ。まだ午前中)

本題のお仕事はと言いますと
支援機関と障害者ご本人と企業の担当者とのお顔合わせ、お打ち合わせもろもろ。

ご担当者は障害者雇用の経験もあるので、まったく物怖じされることもなく
対応してくださった。

障害者ご本人も好感のもてる感じの方。
支援機関さんも頼もしい感じでいい。
な~んとなくうまくいきそうな感じ。

詳しくはヒミツだけど(笑)。

という次第で、玄米茶をぐびぐびやりながら気持ちよく高崎を後にしたのでした。

今度上越新幹線乗るときは、遊びで、マキシドレスで、赤ワインにしたいなあ。

2020年8月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31