DSCF5762_R

医療現場での障がい者雇用

by ootsukablog, 2019年8月16日

おおつかがゆく!の取材で 奈良県立医科大学病院へ。

青いユニフォームの方々が障がいのあるスタッフさん。「係員」と呼ばれている。

現在39名。病院内のありとあらゆる部門に配属され仕事をしている。

なんでそうなるのかと疑ってしまうほどの普通さ。数々の病棟、ICU、検査室、放射線科。。。

看護師さんや看護助手さんたちと一緒に仕事をしている。

 

不安。負担。万が一のことがあったら。。

医療現場で障害者雇用を考えるとき、必ず聞かれる言葉の数々。

 

「一所懸命に働いてくれています」

「本当に助かっているんです」

「心配していたようなことは、残念ながら(笑)何も起こりません」

 

最近のおおつか、難しい仕事ばかりしすぎてたのかな。

難しく考えすぎてたのかな。

記事にするまでちょっと待ってくださいね。

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031